FC2ブログ

デペッシュ国 まとめ

【まとめ】

■デペッシュ国499年1日(またの名をピーター国・改)

第18代評議会議長 ピーター・セラデス411430才 信心深い

「ピーター国・改」のセーブデータは下記ページにアップロードしています。

ちんちくりんのプルト暮らしアップローダ



■人口120人 (男性61人 女性59人 子供38人 うち学生15人胎児5人)

以下は490年1日と499年1日、更に本物のピーター国との比較です。
胎児も含めて集計しています。

■人種

プラスは生まれた人数、マイナスは死亡した人数、
カッコは本物のピーター国の人数です。

北方 6 + 8 - 0 = 14 (8)
東方 25 + 11 - 6 = 30 (28)
南方 31 + 4 - 10 = 25 (35)
北東 7 + 3 - 2 = 8 (9)
東南 34 + 9 - 11 = 32 (34)
北南 5 + 6 - 0 = 11 (5)

元々が多かった東南はさすがに生まれた数も多くあまり減っていません。
東方も増えましたが、南方同士の結婚はできるだけ避けたこともあり
南方は減少傾向です。

本物のピーター国と比べると南方の人数の差がかなり大きくなりました。

4313 64b3
北方はデューク&ポーロ夫妻から4人誕生と大健闘したこともあり
元の人数を考えればかなり増えたかと思います。
北方、北東、北南の若者同士が結婚すれば北方を含めて
北方混じりの人種も増えていきそうです。

■顔グループ

プラスは生まれた人数、マイナスは死亡した人数、
カッコは本物のピーター国の人数です。

0系 3 + 3 - 0 = 6 (7)
1系 17 + 4 - 6 = 15 (14)
2系 4 + 5 - 1 = 8 (7)
3系 2 + 8 - 0 = 10 (2)
4系 19 + 6 - 3 = 22 (21)
5系 24 + 7 - 6 = 25 (24)
6系 30 + 0 - 11 = 19 (31)
7系 9 + 8 - 2 = 15 (13)

開始時に30人いた6系は1人も増えず19人にまで減り、
1系と6系以外の顔系列はまんべんなく増えました。
0系はもうひとがんばりってところでしょうか。

こうして見ると本物のピーター国は少ない3系と多い6系以外は
けっこうバランスが取れているんですね。

46f3 71e3
6系を増やす可能性が一番高いのはまだ子供が1人しかいない上、
寿命にも余裕のあるファハド&サバティ夫妻。

7634 1643 56e2 9662
独身ではイライザ、スラン、ゴイン、エルザあたりの
動向に要注意でしょうか。

ただ、ここ9年間1人も生まれてないこともあり今後減る一方なので、
あまりに妨害すると絶滅してしまうかもしれません。

増えてはほしくないけど絶滅もしてほしくない…
むしろ救済してあげないといけないくらいレアな方が
6系を愛せるような気もします。

■性格

矢印の前が開始時、矢印の後が終了時の数、
カッコは本物のピーター国の人数です。

人気者系 3 → 7 (0)
50a4 5454 42d3 B173 4701 63b1
フェイ、タカセー、チンチクリン、スネイル、エイデル、カルディナ(あと胎児1人)
タカセーは元々「お花が好き」系でしたが、積極性と勤勉性がどちらもプラスに。
チンチクリンとスネイルは元々「いい子」系でしたが、積極性が上がりました。
エイデルは「おちょうし者」からラムサラ?で性格矯正しました。

大人っぽい系 0 → 3 (3)
3083 4313 6391
セルゲイ、デューク、ベジャ

遊びのリーダー系 3 → 0 (4)

おちょうしもの系 1 → 2 (1)
0354 5534
ヤーナギ、ハチゴウ
ヤーナギは訓練によって優しさがマイナスになってしまいました。
ハチゴウは生粋のワイルダー。

いい子系 86 → 103 (42)

勉強大好き系 1 → 4 (1)
B734 92b4 94a4 7043
タラータ、セーナ、キャサリーン、ロリィ
元々「勉強大好き」だったヤープは「いい子」系になりました。
全員元々低かった優しさがマイナスになってしまったタイプです。

お花が好き系 14 → 1 (65)
31b4
ラモーンズ
「お花が好き」系は死亡により人数が減った感じです。
生き残りのラモーンズも「イムみたいな性格」から
「照れ屋さん」になったので、もうすぐで「いい子」系になれそう。

ワルガキ系 0 → 0 (3)

性格については「いい子」系がかなり増え、安定しています。
しかし改めて数字にしてみると本物のピーター国は超お花畑ですね。

エイデル、ベジャ、カルディナは「まじめに」と「人に優しく」の
教育方針の授業を受けさせれば卒業までには積極性マイナスになるハズ。
逆に「活発に」や「意地悪く」を受けようものなら…

ヤーナギ、ハチゴウが更に子供を作る可能性もありますが
それは完全に運次第。

■才能

プラスは生まれた人数、マイナスは死亡した人数、
カッコは本物のピーター国の人数です。

コークの翼 7 + 2 - 1 = 8 (5)
ジマの力 6 + 2 - 2 = 6 (7)
ミダの魂 7 + 0 - 4 = 3 (10)
エナの子 0 + 1 - 0 = 1 (0)

才能についてはあまり意識していなかったのですが、
ほぼ変わらずといった結果でした。
本物のピーター国とは反対にミダの魂が減っています。

増えてほしいとは思ってなかったのでちょうどいいですが、
唯一気になったのは突然変異でエナの子持ちが誕生したことです。

その選ばれしエナの子はマリアン・イワサキ9021

一番数の少ない0系なので個人的には許せますが、
エナの子を増やしたくない場合は彼女の動向には要注意です。

■反省点

…というほどのものは特にないんですが、
6系との闘いが完勝とはいかなかったところが悔しいところですね。

最後の最後でゴイン56e2とメガエラ75c2を無理矢理破局させましたし。
結局メガエラ以外のあまっている女の子とくっついてしまう気がします。

スラン1643 イライザ7634 エルザ9662あたりにも
当て馬と結婚させるとか養子を押し付けるとか完封していませんし。

スランは3人の子持ち未亡人アグネスB614とくっつけたかったのですが
イライザを誘いに行ってしまってうまくいかず。

そもそもイライザにはやもめリューベンさん1764の養子を
押し付けるチャンスがあったので、そこも後悔しています。

11b4 7713 → 71f2
あと細かいことを言うとアルヴィン&マイラの第1子サリー・フェンについて…
「両親のどちらかが少ない顔グループの時は第1子を少ない顔グループの
親に似やすい性別にする」というルールを最初から実行していて
アルヴィン&マイラに男の子を生ませていれば、開始後懐妊第1号のサリーの、
セレス・バイドラーとの顔かぶりが回避できたなと…

顔グループ問題以外では、プレイをもっと楽にできたなーと思うのが、
子供の教育方針についてです。

子供は何か事情があって「まじめに」→「人に優しく」のサイクルが
変わらなければ、基本的に「生まれた年の教育方針」を2回受けます。

それを踏まえて「奥ゆかしい」から「信心深い」に変わりたての夫婦の
第1子は「まじめに」の年に誕生するようにさせて、
優しさが低いもしくは最初からマイナスで生まれてくる可能性がある子供は
「人に優しく」の年に誕生するようにしていれば、
弁当の差し入れの手間がだいぶ減ったかなと。

これは次回以降のプレイに活かしたいと思います。



さて、このブログの主旨を考えたら本来はまた心機一転、
別の国から開始しなきゃいけないところなんですが…

ちょっと、みっちりとデペッシュ国をプレイしていたらだんだんと
愛着が湧いてしまいまして…自分でくっつけて結婚させた夫婦から
生まれた子供たちの将来も気になるので、もうしばらくこの自作の
「ピーター国・改」のプレイを続けたいと思います。

新たに生まれた子供たちが生きている間くらいは続けようかな。
もしかしたら他の国の明るい未来を目指すプレイと並行するかも。

ブレブレで申し訳ありませんがこれからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : ワールドネバーランドシリーズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちんちくりん

Author:ちんちくりん
ワーネバ暦はPS版プルト発売直後から。オルルドやアイランド、ナルルもプレイ済みですが、一番のお気に入りはやっぱりプルトです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター
検索フォーム